パワーストーン、天然石専門店、京都の伏見から通販
幸せを呼ぶ神秘の力 、パワーストーン達をご紹介致します!!
ホーム天然石 アクセサリー > ブレスレットパワーストーン・京都/【数量限定特別オリジナル】新元号【令和】【菊花紋】【十三仏(不動明王・釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩・地蔵菩薩・弥勒菩薩・薬師如来・観世音菩薩・勢至菩薩・阿弥陀如来・阿閦如来・大日如来・虚空蔵菩薩)】【菱紋】彫刻【柘植の木】【カットスモーキークォーツ】ブレスレット、桐箱付き【伏見の京屋】
商品詳細

パワーストーン・京都/【数量限定特別オリジナル】新元号【令和】【菊花紋】【十三仏(不動明王・釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩・地蔵菩薩・弥勒菩薩・薬師如来・観世音菩薩・勢至菩薩・阿弥陀如来・阿閦如来・大日如来・虚空蔵菩薩)】【菱紋】彫刻【柘植の木】【カットスモーキークォーツ】ブレスレット、桐箱付き【伏見の京屋】

販売価格: 15,800円 (税込)
希望小売価格: 32,000円
数量:
パワーストーン・京都/【数量限定特別オリジナル】新元号【令和】【菊花紋】【十三仏(不動明王・釈迦如来・文殊菩薩・普賢菩薩・地蔵菩薩・弥勒菩薩・薬師如来・観世音菩薩・勢至菩薩・阿弥陀如来・阿閦如来・大日如来・虚空蔵菩薩)】【菱紋】彫刻【柘植の木】【カットスモーキークォーツ】ブレスレット、桐箱付き【伏見の京屋】

★新元号【令和】
日本最初の元号とされる「大化」から数えて248番目の元号です。
『万葉集』の巻五、梅花(うめのはな)の歌、
三十二首の、序文(「梅花の歌三十二首并せて序」)を典拠とし
天平二年正月十三日に、師の老の宅に萃まりて、宴会を申く。
初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。
の「初春の令月にして、気淑く風和ぎ」から言葉を選び、【令和】なのだそうです。
人々が美しく心を寄せ合うなかで、文化が育つという意味が込められています。

★菊花紋
鎌倉時代の始めに後鳥羽上皇が菊を熱愛し、
いまや天皇家を象徴する花となりました。
また、古代中国で菊は延命長寿もの薬ともされていました。



★十三仏(じゅうさんぶつ)は
十王をもとに日本で考えられた冥界の審理に関わる13の仏です。
十三回の追善供養(初七日〜三十三回忌)をそれぞれ司る仏様としても知られています。
13の仏とは閻魔王を初めとする冥途の裁判官で、十王とその後の審理
(七回忌・十三回忌・三十三回忌)を司る裁判官の役割をしている仏様です。
六道の入り口で人間の行為を見て次の生まれ変わり先を決める裁判官と言われています。
13の御仏たちは、それぞれに違った徳(特性、役割)を持ち、
それぞれの働きで私たちを守ってくれているといわれています。

★カーン 不動明王 (初七日)
…大日如来の教命をうけ、あえて厳しい姿をとり、
一切の障難やけがれを焼きつくす明王。すべての災難を除き、光明の道へと導き福徳を授ける。

★バク 釈迦如来 (十四日)
…釈迦は釈迦牟尼の略で、釈迦族出身の聖者を意味します。
無常の理を説いて、不安を取り除くといわれています。

★マン 文殊菩薩 (二十一日)
…知恵を象徴する仏様。学業の功徳が顕著。苦労や災難を五智の剣で断ち・幸福を招くと伝えられる。

★アン 普賢菩薩 (二十八日)
…文殊菩薩と共に釈迦如来の脇士として六牙の白象に乗った菩薩。長寿を授けると伝えられる。

★カ 地蔵菩薩 (三十五日)
…大地のぬくもりをあらわす菩薩で六道(地獄・餓鬼道・畜生道・修羅道・人道・天道)
全ての生き物を救うといわれています。

★ユ 弥勒菩薩 (四十二日)
…「第二の釈迦」といわれています。常に心を穏やかにし、正しい判断へと導きます。

★ベイ 薬師如来 (四十九日)
…左手の薬壺を持っていて、健康を守ってくれる仏です。

★サ 観世音菩薩 (百ヶ日)
…阿弥陀の脇侍として、亡者を蓮の台にすくいあげる役目をしています。 慈悲の菩薩です。

★サク 勢至菩薩 (一周忌)
…智慧をあらわす菩薩。智慧の光で一切を照らし、
人々を苦難と迷いから救います。福徳長寿を授けると伝えられる。

★キリーク 阿弥陀如来 (三回忌)
…無限の光と慈悲により、すべての人々を救い続ける仏。
阿弥陀仏を念ずるものを極楽浄土に往生させます。苦難厄難を逃れ、福徳長寿を授かりると伝えられます。

★ウン 阿閦如来 (七回忌)
…阿弥陀如来と反対の東の浄土にいるといわれています。
無動如来ともいわれ、動じない堅固な意志を持ち、迷いに打ち勝つ心を授けるといわれています。

★バン 大日如来 (十三回忌)
…天地宇宙の中心・全てである仏です。一切衆生を見守っています。

★タラーク 虚空蔵菩薩  (三十三回忌)
…すべての福徳と知恵を授け、記憶力の増大、厄除け、症病回復に御利益のある仏です。


★菱紋
両端に描かれている菱文様は菱文様は紀元前より見られ、
正倉院の宝物をはじめ、染織物や木工品などにも見られます。
文様である菱紋は、ヒシの実またはヒシの葉を図案化したものと言われています。
ヒシ(菱)は、菱形で両端に逆向きの2本の鋭いトゲがある
硬い実をつける事から、悪を退散させ、魔を除けるとされています。

★柘植
万葉集の時代から、堅く変わらない絆を象徴する縁起物とされており
「もめごとを解きほぐす」という意味合いがこめらえていると伝えられています。
黄褐色の優しい色合いをしており、
ほかの木よりもゆっくりと成長する為、
緻密で割れにくく、耐久性に優れる木だとされています。
それらのことから堅忍 禁欲 冷静などの意味を持つと言われています。



詳細
・約15mm玉 1個
・約12mm 13個
・約6×3mm 14個
・ポリウレタンゴム
・手首サイズ 18cm
・桐箱 1箱


◆注意事項◆
■天然石、木の為、形や大きさ等の違い、内包物、クラック(ヒビ)、小さな傷等があることがございますので御理解、御了承ください。
 石、木の意味、伝承等は科学的根拠はなく絶対的な効果が得られるとは限りません。
他の写真
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)
(画像をクリックすると大きく見られます)

Facebook
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス